カテゴリ:ネパール1988( 1 )

初めてのカトマンズ・1988

b0033537_1854747.jpg

1988年9月・カトマンズの端、スワヤンブナートから見下ろすカトマンズの街

1988年の春から初夏にかけて中国を旅した後、いったん帰国して9月にネパールに旅立った。タイ航空機が降りたカトマンズ空港は、驚くほど小さな空港だった。今は国内線専用になっている建物が、国際線と共同だったと思う。ビザ申請窓口も建物の外の物置のような場所だったと記憶しているのだが、遠い記憶なので勝手に作り変えているかもしれない。
初めてだったので勝手がわからず、ちょうど何人かで話しながら用紙に記入していた日本人に申請書類をどこで貰ったのか聞いたのだが、薄笑いを浮かべるのみで教えてくれなかった。しょうがないので白人に聞き、何とか書類を貰って記入し、なんてぼやぼやしているうちに誰もいなくなり、ようやく空港の外に出たもののそこにはいるべきバスもタクシーもなく、途方に暮れた。中国で多少旅に慣れたとはいうものの、今度は共産圏ではないまったく別の国。人々の顔も彫りが深すぎて怖く、私はまさしく迷子の子どものようにそこに突っ立っていたと思う。
そんな私を救ってくれたのが、ご存知の方もいるのではないか、日本語を話すビケさん。小柄で斜視で、と聞けば「ああ」と思い出す方もあるかもしれない。私は彼に拾われてカトマンズ・ゲストハウスに連れて行ってもらい、何とか部屋を確保することができた。

実はその日、私は外に出るのが怖くて、ずっと部屋に隠れていた。タメルの端からカトマンズゲストハウスへ歩いただけで、私はすっかりびびってしまったのだ。通り一杯に彫りの深い顔があふれていることにも、怪しげな風体の白人が大勢いることにも。中国とはずいぶん違い、間違った場所に来てしまったと、かなり後悔もした。同胞に無視されたというのも、痛手だったか。中国では、旅行者はみな団結して中国そのものと闘うという感じがあったのだが、ここではおいそれと人に物を尋ねてはいけないのだな、などと思ったりもした。
夕方になってビケさんが連れ出しに来てくれ、ダーバースクエア、アッサントーレなどを駆け足で回り、最後に王宮通りの「古都」でカツ丼を奢ってくれた(自分で払ったかな?)。わけがわからないまま、いい人だと思った。
ずっと後になって、ビケさんは私に向かい「私の愛人になりなさい」とぶちかまして私を怒らせるのだが、そのことは忘れてあげてもいいくらい、彼には世話になった、感謝している。もちろん、彼が途中から相当の下心を持って私に接していただろうとも理解した上で。それでもやっぱり、世話になったことには変わりがないのだ。
今もビケさんは空港にいつもいる。ついこの間も会ってきた。彼は私を見つけると必ずハグをしようとする。一応恩人なので、私も受けて立つ。ビケさんも年を取り、昔の羽振りのよさはかけらも見られなくなった。彼は生きている限り空港に行きつづけるんだろうなと思う。

私は本当に今でも、あの日の心細さを忘れない。自分の本質は、あれだと思う。
だから今もデリーやカトマンズなどに降り立つ時には、1人で呆然としている人がいないか気にかけるようにしている。新参者が右往左往するのを尻目にさっさと動くことが快感だ、と言う人はともかくとして、ちょっと温かい目を持って見守っていただけたら、と思う。そういうの、駄目かな。旅人は自己責任かな。

b0033537_19122622.jpg

カトマンズの中心、ダルバール・スクエア。今もここはあまり変わっていないと思う。ただ、こんなに赤茶けていたかなぁ、とは思う。写真のせいかもしれない。この広場でチベッタンが露店を開いて、アクセサリーや怪しげな仏像などを売っている。このすぐ横手にあるのが昔からのツーリスト街、フリーク・ストリート。ジョッチェンとも呼ぶ。この当時、既にさびれかけていたような記憶があるが、実際はどうだっただろうか。

b0033537_1916658.jpg

仏教とヒンドゥー教が融合したかのような階段道が面白い、スワヤンブナート寺院。階段の両脇には、ヒンドゥーの神々が奉られていたと思う。
タメルからだと歩いても行くことができる。割と気持ちのいい散歩道。橋を渡って、のどかな田園風景の中を歩いて行った。小一時間だったか、もう少しかかったか、記憶は曖昧。

b0033537_19185688.jpg

スワヤンブナートのお寺の中。ヒンドゥーっぽい。というか完全にヒンドゥーだと思う。
とすると別に仏教の寺というか建物があったのか、あるいはこのストゥーパそのものが仏教なのだから、それでいいという感じなのかもしれない。

それにしても、こんな風に出遭ったカトマンズに、その後十数回も足を運ぶことになろうとは、本当に不思議だと自分でも思う。
[PR]
by himalaya3 | 2008-01-05 19:45 | ネパール1988