カテゴリ:ラオス1995( 1 )

ルアンプラバーン(ラオス)1995

初めてラオスに入ったのは1995年。5月だったか6月だったか。なにしろ雨季だった。

2007年の今、ラオスはビザなしで入れるようになっている。たしか2週間までの観光なら。
1995年当時、ラオスのビザは個人では取れなかった。大使館に電話すると怪しげな旅行社を教えられ、そこに電話すると怪しげな華僑が電話口でツアーを勧め、さらにはファックスで大量のツアー・パンフレットを送りつけてきた。その理不尽に耐えてそこにビザを頼むと、裏ルートでビザを取ってくれるのだ。たしか2万はしたと思う。
同じようにして取ったベトナムビザも2万はした。おまけに入国するときに不備が見つかり、大枚はたいて「修正」させられた。フランス語だから読めなかったのだ、何も。
そのときの私は、バンコクから香港まで陸路で抜けた。当時はまだ、それができるという情報はどこにもなかった。特にラオス~ベトナム間の陸路のボーダーが通れるかどうかがミソだった。
結局成功したのだが、その1年くらい後だろうか、猿岩石が逆ルートをやったときにはかなりガックリきたものだ。

b0033537_21395173.jpg


ルアンプラバーンから歩いても行ける織物の村で、織っている家に入り込んだときの子供たち。多分ここの子たちなんだろうけど、別の家の子も混じっているかも。

b0033537_21495336.jpg


子供たちのお姉さんだと思うが、ちょうど私が家に上がりこんで彼女の手元を撮った次の瞬間、やおら織るのをやめて立ち上がり、でっかいハサミを持ってきて、機にぴんと張られている布をバサバサ切り始めた。びっくりしたが、何ともすばらしいタイミングで、織りあがったのだ。
彼女の笑顔には、織りあがったうれしさと一緒に、「このすばらしいタイミングで織りあがった」ことへの満足感と期待感と幸福感みたいなものが一緒くたになっている。
もちろん買いましたとも。
彼女の笑顔を曇らせるようなことが、出来ようはずがない。

b0033537_21532354.jpg


駄菓子屋のようなカフェ(!)のような・・・、の店先。
なんだかやたらと雨ばかり降っていた記憶がある。ビエンチャンで宿泊していたポンティープ・ゲストハウスの前の道はいつもくるぶしまで来る水溜りになっていたし、ルアンプラバンでも雨の中でたけのこ売りが立っていたり、カッパを着たおじさんが自転車リキシャを漕いでいる光景を覚えている。
[PR]
by himalaya3 | 2007-05-25 21:57 | ラオス1995