<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

沙坪・シャーピン 1989

b0033537_1925248.jpg


雲南省の省都昆明から西へ、当時バスで12時間ほどのところに大理という白族の街がある。今ではこの距離は5時間に短縮されたらしい。高速道路ができ、当時はなかった鉄道も延伸した。
大理は藍染が有名な町で、同時に80年代後半の中国としては珍しく、外人が溜まれる町だった。外人向けのちょっとした食堂のようなものもあったし、土産物屋もちらほらとあり、ここには欧米人も比較的安心して滞在していたように思う。
その大理から湖畔沿いに北へ1時間ほど走ったところに、沙坪という村がある。ここは週に1度、たしか月曜日に市が立つ村で、その日はミニバスが何台か出たと思う。
冒頭の写真は、この市を上から見下ろしたところ。かなり変色していると思うのだが、補正のソフトを今持っていないので、このまま載せておく。何だか絵画のように見える。人々の服装といい、手前にごちゃごちゃあるトラックといい、20年前はこんな感じだったのだなぁ。

b0033537_1984158.jpg


これも市場。
青や赤の袖なしの上着が、白族の女性の民族衣装だが、頭に被るスカーフは、この写真にあるように青一色の人もいれば、カラフルなものの人もいた。年齢や、未婚既婚などの区別があるのだろうか。薄いブルーの上着を着ている人も多く見た。この上着は長袖だったような気がするのだが、またいつか再訪したときの写真で確認したい。
真ん中あたりに写っている赤ちゃんのおんぶ紐(というか何と言えばいいのだろう、おんぶするための背宛のようなもの?)は、きれいに刺繍されている。そういえば大理あたりでもよく、刺繍を売りに来ていたが、あまり上手だとは思わなかった記憶がある。適当なお土産品と、そうでないものとでは、気合の入れ方が違うのだろう。

b0033537_1913536.jpg


大きな木箱(室内で物入れとして使うのだろう)を売っている。向こうに立っている女性たちの中には、漢族風にジャケットを着ている人もいるし、赤い上着の人もいる。いや、よく見ると、ジャケットの人は麦藁帽子をかぶっているので、この人は漢族なのかもしれない。

b0033537_19154421.jpg


暗い写真ですみません。
白い日よけが面白くて撮った写真。

市場に行くと、いつも質素な屋台で質素なミーシェン(米麺)を食べていた。当時1杯5角。店の人は当たり前のようにラージャン(唐辛子を練ったようなもの?)を入れようとするので、私はその瞬間まで「入れるな入れるな」と言い続け、それでも尚入れようとする手を止めさせなければならないので、なかなか緊張する数分なのだった。入れられてしまうと、私のように軟弱な口は、簡単に火を吹いた。
今もあんな、ぶちぶち切れるミーシェンはあるのだろうか。
[PR]
by himalaya3 | 2008-02-13 19:31 | 雲南省1989